【会計】AppleWatchの費用計上│費用として認められるには?

AppleWatch(アップルウォッチ)を購入しました。
AppleWatchに限らず、スマートウォッチを購入される方が増えていると思います。

今回は、AppleWatchを費用として計上するための理由についてです。

前提>

費用を事業用として計上するためには、その事業に関連性のある内容が必要です。

AppleWatchの場合

私の場合は、以下を理由として費用計上しました。

・顧客からの連絡に対して、速やかに対応するため
私は太陽光発電設備を所有しており、発電設備に不具合など発生した場合、速やかに復旧する必要があること。そのためにはスマートフォンだけではなくスマートウォッチが必要であること、としました。
実際のところ、不具合はほぼありません。不具合ばかりだと困ってしまいます(笑)保険もそうですが、万が一のときに備えているというスタンスです。

まとめ

無理やり費用計上する必要はありませんが、せっかく費用計上できそうであれば、検討してみるのが良いかと思います。
当たり前ではありますが、実際に費用計上される際には、ご自身の事業の状況などを踏まえて処理してください。不安であれば、顧問税理